企画・展示

Event

最新の企画・展示 - New Event

Gate J.大阪 リニューアル記念>
『オグリキャップ知られざる素顔』画家 喜多浩子 初公開スケッチ画と思い出のコラム展
アトリエの屋根裏に30年眠り続けた栗東トレセンでのオグリキャップ日常の素描画作品

オグリキャップがJRAに移籍して間もない1988年(昭和63)から約3年間描き続けた50点以上のスケッチ画から10点を厳選して展示いたします。
併せて、当時担当厩務員をされていた池江敏郎さんとオグリキャップの日常の様子などを、コラムにて紹介いたします。
また、資料展示コーナーでは、JRA競馬博物館が所蔵するオグリキャップの関連資料を展示いたします。